2019年11月7日の仕事:「小忌衣」って読めますか?

ようこそ岡山の法被と神社のぼりの製造元、やなわけ染色のブログへ 2019年11月7日のお仕事: 茨城県の神社で使われる小忌衣(おみごろも)を出荷 神社の参道に立てるのぼりを染める 大浴場の湯のれんの染め型を作成 神社のぼりのデータを作成などなど。 ちなみに、小忌衣(おみごろも)という聞き慣れない言葉が出てきましたが、神事に使用される上衣のことです(Wikipedia 参照)。 たまに小忌衣の依頼は来るのですが、だいたいは略式の小忌衣です。略式の小忌衣ともいうのは、首から掛けるタスキのような袈裟だ 続きを読む 2019年11月7日の仕事:「小忌衣」って読めますか?

2017年度版 暖簾カレンダーのご紹介

以前にちらっと紹介した、暖簾カレンダーです。 毎年、枚数限定で販売しているものなので、年の暮れになるともう在庫がない状態になってます。 来年の干支はご存知ですか? 「酉」と書いて「とり」と読みます。 「とり」ですが、「鳥」ではなく「鶏」というのが正しいそうです。 そもそもなぜ干支の中に鶏が入っているかというと、猿(今年の干支です)と犬(再来年の干支です)のケンカの仲裁のために鶏が間に入っているのだとか…。 まぁ、干支の由来なのでおとぎ話のようなところがありますが、犬猿の仲を取りもつのはなかなか大 続きを読む 2017年度版 暖簾カレンダーのご紹介