「1万時間の法則」を知っていますか?

ようこそ岡山の法被と神社のぼりの製造元、やなわけ染色のブログへ 先日、いろいろとお世話になっている方のFacebookの投稿を読んでて、『天才!成功する人々の法則』(マルコム・グラッドウェル著/勝間和代 訳)の話題が出てました。この本で特筆すべきなのは、言わずもがな、「1万時間の法則」の紹介でしょう。 自分もマルコム・グラッドウェルの『天才!』に目を通して、内容にはとても感銘を受けたのを覚えてます。ついでに、勝間さんには悪いけど、とっても読みにくかったのも覚えています。 余談ですが、『史上最強の 続きを読む 「1万時間の法則」を知っていますか?

腰痛持ちの人にぜひオススメしたい本:『アゴを引けば身体が変わる〜腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育〜』

今年は本当に腰痛に翻弄され続けてます。 9月のギックリ腰を皮切りに、それから大小含めて5回の腰痛になってます。 いずれも朝起きて、日常的な動作をしようとした瞬間に、腰にピキーンと痛みが走って動けなくなるパターンです。 ギックリ腰は癖になると言われますが、まさにそのスパイラルに陥っています。 病院から鍼灸整骨院のお世話になって回復してきても、しばらくすると同じことをやってしまいます。自分としてはかなり用心しているつもりなのですが、その用心している気持ちの隙をついて、「魔女の一撃」はやってくるのです 続きを読む 腰痛持ちの人にぜひオススメしたい本:『アゴを引けば身体が変わる〜腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育〜』

あなたは暖簾やのぼりが欲しいわけじゃないでしょう?(千日発信修行12日目)

ビジネス書に『ドリルを売るには穴を売れ』という、マーケティングのバイブル的な本があります。 タイトルだけを見ると、何のことだかさっぱりわかりませんが、読んでみると「なるほど、そういうことか!」と膝をポンと叩きたくなること間違いなしです。 やなわけ染色では、お祭りのための法被や袢纏、神社のぼりなどを春〜夏のシーズンには集中して作っています。 また、それ以外のシーズンには販促用のぼりだったり、暖簾だったり、社旗や校旗、奉納幕、風呂敷、腕章なども作ったりしています。 法被やのぼり、暖簾などが欲しい人が 続きを読む あなたは暖簾やのぼりが欲しいわけじゃないでしょう?(千日発信修行12日目)

山崎豊子さんの『暖簾』を読んだことがありますか?(千日発信修行10日目)

『白い巨塔』や『沈まぬ太陽』などの有名作を書いた山崎豊子さんのことは、皆さんご存知だと思います。 しかし、その山崎豊子さんの文壇デビュー作は何かと聞かれたら、答えられない人は多いんじゃないでしょうか? 『暖簾』が正解です。新潮社から文庫で出ているので、興味のある方は読んでみるのをオススメします。特に、自分のお店を構えている人、または、これからお店を持とうと考えている人には、この『暖簾』をぜひ読んでいただきたいと思います。 自分自身が暖簾をつくる商売をしているからというのもあるかもしれませんが、暖 続きを読む 山崎豊子さんの『暖簾』を読んだことがありますか?(千日発信修行10日目)

『小さな会社の社長の戦い方』:社長にダメ出しできる人を採用できてこそ、成功する社長になれる

小さな会社の社長の戦い方とは 以前から気になっていた本を先日アマゾンで買いまして、一気に読み上げてしまいました。 「小さな会社の〜」と書いてあるところが肝ですよね。   大企業の社長が手に取るような本ではないです。わざわざ「小さな会社の〜」と書いてあるわけですから。   僕自身、多読家だとは思いますが、速読家ではないと断言できます。 そんな自分がこの本を丸一冊読むのに数時間で読んでしまったのだから、文章はとても読みやすく、文字は小さくないです。   小さい会社の社長 続きを読む 『小さな会社の社長の戦い方』:社長にダメ出しできる人を採用できてこそ、成功する社長になれる