軒下の暖簾、雨の季節には注意です。

ようこそ法被と神社のぼりの染め元、やなわけ染色のブログへ  本拠地は日本一の山城、備中松山城のそびえる岡山県高梁市。  あなたの会社・お店の商売繁盛のために、毎日一所懸命に作ってます。 本日の仕事: イベント用法被の仕立て 馬印・旗印の染め 法被の捺染 神社のぼりの仕立て&出荷  などなど。 軒下の暖簾、雨の季節には注意です 日本料理やラーメン屋さんなどの飲食店の軒下には、必ずと言っていいほど暖簾がかけてあります。 これから6月を迎えると、梅雨の時期になります。  軒下の暖簾が全く雨に当たらない 続きを読む 軒下の暖簾、雨の季節には注意です。

法被の取り扱いで気をつけて欲しいこと

ようこそ祭りのための法被と神社のぼりの染め元、やなわけ染色のブログへ 本拠地は夏の気温が日本一になったことのある岡山県高梁市。 今日の気温は21℃まで上がりました。 季節が秋に入ってずいぶんと涼しくなりましたが、今日の昼間は結構いい日差しでした。 この時期、各地で秋祭りが開催されてるので、町内会や子ども会などでも法被を着る機会があると思います。 先週末は私、柳分の住んでる町内でも秋季例祭があったのですが、ご存知の通り、先週は週を通して雨ばっかり。おまけに週末には台風21号が上陸となり、お神輿で町 続きを読む 法被の取り扱いで気をつけて欲しいこと

本日のお仕事

「今年は神社のぼりの当たり年?」と思うくらいに、神社のぼりの問い合わせが続いています。 さらに、すでに法被のシーズンに突入しているので、法被の方でも徐々に忙しくなって、いわゆる「多忙につき、ブログの更新をサボっていました…」的な状況になっておりました。 そうこうしている間にも、ブログ以外にもやろうとしていて、なかなかできないことが2〜3つあり、これは時間の使い方が相変わらず下手だなと反省しております。 さて、今日は・一対仕立ての神社のぼりの校正提出完了・大阪へ暖簾の納品・奈良のイベント用(?)法 続きを読む 本日のお仕事

3月20日の仕事

日付変わって、昨日の仕事。 法被100枚のオーダーのうち、2/3は染めが終了。残りの1/3は明後日に。 反応染料は染めた後に、生地に染料が固着するように化学反応を施す必要があって、やなわけ染色では蒸気の熱で反応させてます。だから、工場は高温多湿になるのです。 高温多湿といっても、この時期がどちらかというと、快適に思えるくらい。まだまだ空気が乾燥している時期なので、湿度が上がるのはありがたい。それに、肌寒い日もあるから工場の温度を上げてくれるのは助かります。 しかし、これが夏季に入るとサウナ状態で 続きを読む 3月20日の仕事

法被の仕事が忙しくなる頃から梅雨が始まります。

毎年恒例のことなのでボヤいても仕方ないのですけど、染めの仕事と梅雨は相性が悪いです。 乾かないというのもあるのですが、例えば、「天空の城 備中松山城」と衿文字を染めたとき、これらの文字の際(キワ)が湿気によって滲んでしまうことがあるのです。 もちろん、そうならないように染料を混ぜる糊も固めにしたり、反応を早めるようなものを使ったりしてはいるのですが、自然にちょっかいを出されると、どうにも対処しきれないことがあります。 来週は晴れ間が増えて欲しいです!!