みかんは小さくて皮の薄いやつが美味しい

ようこそ岡山の法被と神社のぼりの製造元、やなわけ染色のブログへ

最近、めっきり寒くなってきました。

朝の気温が気がつくと、2℃とか3℃とかになっていて、

「そりゃあ、寒いわけだ」って思うのです。

もう12月も半分を過ぎようとしているので、もう冬なんですよね。

日本の冬の風物詩といえば、コタツにみかんだと思います。

個人的な過去の失敗から、

コタツ=人間をダメにする機械

としか思えず、我が家にはコタツは存在しません。

代わりに、ホットカーペットなるものが存在しているのですが、

こちらもなかなかのダメ人間製造機であることを理解しております(笑

コタツはいいとして、みかんです。

みかんをはじめたとした柑橘類は、基本的に大好きです。

特に、みかんは小振りで皮の薄いものが好きです。

私はまわりの人よりも、舌が酸味を感じにくいのか、

酸味を甘味と感じてしまうのか、結構酸っぱいものでも甘く味わえます。

先日、お歳暮でみかん箱をいただいたので、

しばらくはみかんを食べ続ける日になりそうです。

こちらのみかん、私の好きな小振りで皮の薄いやつなので、

あと何人で完食できるか、指折り数えてみようかなと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
それではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*